家庭での注意点について

水洗トイレでの注意点について

再生紙のトイレットペーパーを使用してよいでしょうか?
市販のJIS規格のトイレットペーパーであれば、再生紙でももちろんかまいません。
しかし、その他の紙や紙おむつなどは流さないでください。
また、ペーパーを多量に使いすぎますと、汚泥の量が短い期間で多くなり、清掃の間隔を狭めることになります。
衛生的だと思い、小便でも十分に水を流しますが?
水洗便所の水量はおおむね、大便のとき15リットル、小便の際には5リットルになっています。
トイレの洗浄水は十分流す必要がありますが、必要以上に流すことはありません。
また、音消しなどのための水使用は、節水のためにもできれば控えたいものです。
トイレの芳香剤は問題ないですか?
適量を守って使用している限りは、浄化槽の機能に影響を及ぼすことはありませんが、芳香剤に含まれる色素によって着色され、水質検査のときなどに水質悪化と間違えられたり、香料と槽内の臭気が混じって臭気の問題を起こすこともありますので、注意してください。
トイレ用洗剤を使いたいのですが?
市販のトイレ用洗剤であれば、たいていのものは問題ありません。落ちにくいときだけ、中性の洗剤を用い、洗剤の使用量は必要以上に大量に使わないようにします。
糖尿病の薬を常用していると、浄化槽に良くないと聞きましたが?
特に単独浄化槽では、糖尿病、高血圧症等の薬の常用が浄化槽の機能低下に関係するといわれていますが、小型合併処理浄化槽の場合、流入水量が多いので薄められてほとんど影響はないと思われます。