保守点検について

保守点検とは何ですか?

保守点検とは何ですか?
私たちが常日頃自分のからだの健康管理に気をつけていると同様に、浄化槽についても保守点検という健康管理が必要となります。
保守点検は浄化槽の各装置や機械類が正常に働いているかどうか、浄化槽全体の運転状況や放流水の状況はどうか、汚泥のたまり具合はどうか、配管やろ材が目詰まりしていないかなどを調べ、浄化槽の正常な機能を維持し、異常や故障などは早期に発見し予防的な措置を講じることを言い、人間でいえば健康管理にあたります。
浄化槽は微生物の働きによって汚水を処理する施設ですから、まさに、「生き物」です。
微生物が活躍しやすい状況を常に保つ必要があります。
特に微生物に酸素を供給するばっ気装置などは休みなく連続運転されていますから、きめ細かな点検が必要となります。
また、消毒剤等の消耗品は、定期的に補給、交換が必要となります。
さらに、各装置の点検を行うことにより、浄化槽の清掃を行うべき時期になっているか否かを判断し、必要ならば、浄化槽清掃業者に連絡することも保守点検の大切な役割です。
このように保守点検の良し悪しは浄化槽の機能を正常に保つうえで極めて重要です。
保守点検はどういう業者に頼めばよいでしょうか?
浄化槽管理者には定期的に保守点検を行うことが義務づけられていますが、これを都道府県知事(保健所を設置する市では市長)の登録を受けた保守点検の専門業者に委託することができます。
この登録制度は都道府県や市の条例によって設けられている制度で、登録を受けるには保守点検の業務に従事する者の国家資格者である浄化槽管理士が置かれていること、所要の器具を備えていることなど一定の要件を満たしていることが必要です。
したがって、保守点検の登録を受けている業者であれば、安心して浄化槽の保守点検をまかせることができます。
逆に、登録を受けていない業者に保守点検を委託することはできませんので、業者を選ぶときはこの点に十分留意してください。
なお、保守点検の登録業者がどこにいるかわからない場合などは、最寄りの保健所などに問い合わせて下さい。
なお、横浜市と大阪市では、登録制度が設けられていませんので、それらの地域に居住する浄化槽管理者は、浄化槽の保守点検を委託するとすれば、浄化槽管理士に委託することになります。