法定検査について

7条検査について

浄化槽の使用を始めてから3ヶ月たったら、検査(7条検査)を受けるように言われました。どういうことでしょうか?
新たに設置され、またはその構造若しくは規模の変更をされた浄化槽については、その使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月以内に都道府県知事が指定した検査機関(指定検査機関)の行う水質に関する検査を受けなければならないことになっています。この検査は、浄化槽法第7条に規定されているので「7条検査」と呼ばれています。
これは浄化槽が適正に設置され、所期の機能を発揮しうるかどうかは、実際に使用を開始された後でなければ確認できないため、機能に着目した設置状況を検査し、欠陥があれば早期にそれを是正することを目的としたものです。
浄化槽法では、浄化槽設置後の水質検査について次のように規定しています。
◎浄化槽法(設置後の水質検査)
第7条
新たに設置され、又はその構造若しくは規模の変更をされた浄化槽については、その使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月以内に、環境省令で定めるところにより、当該浄化槽の所有者、占有者その他の者で当該浄化槽の管理について権原を有するもの(以下「浄化槽管理者」という。)は、環境大臣又は都道府県知事が第57条第1項の規定より指定する者(以下「指定検査機関」という。)の行う水質に関する検査を受けなければならない。