法定検査について

検査の依頼について

検査の依頼はどうすればよいでしょうか?
検査の依頼は直接指定検査機関に申し込むことになりますが、その手続きについては、業者に代行を依頼することができます。
具体的には、浄化槽の設置後等の水質検査(7条検査)についてはその浄化槽を設置する浄化槽工事業者に、年1回の定期検査(11条検査)についてはその浄化槽の保守点検業者(保守点検業の登録制度が設けられていない横浜市と大阪市では浄化槽管理士)又はその浄化槽の清掃業者に検査の手続きを委託できることが定められています。
したがって、浄化槽の設置工事の契約や保守点検、清掃の契約を結ぶときに、検査の手続きも併せて頼むようにすると便利です。
検査の具体的な日時等については指定検査機関から通知などにより連絡されます。
なお、指定検査機関から案内がくることもありますが、その時は速やかに手続きをして下さい。
環境省令では、検査手続きの委託について次のように規定しています。
◎環境省関係浄化槽法施行規則(設置後等の水質検査の内容等)
第4条
2. 浄化槽管理者は、設置後等の水質検査に係る手続きを、当該浄化槽を設置する浄化槽工事業者に委託することができる。(定期検査の内容等)
第9条
2. 浄化槽管理者は、定期検査に係る手続きを、当該浄化槽の保守点検又は清掃を行う者に委託することができる。